ブライダルエステの前にカウンセリングを受ける

必ずカウンセラーによるカウンセリングをブライダルエステを利用する前には、受けることとなります。
これは体験コースの場合にも言えることで、カウンセリング無しで施術をすることはありえないことです。

 

肌質や体の状態をカウンセリング時に確認したり、さらにブライダルエステで貴方が求めていることなどいろいろなことを聞かれます。
これらの情報はこれからの方針やメニュー、そしてコース選びのベースとなりますので、しっかりと伝えるようにしてください。
毎日頑張ってダイエットをし、目標の体重になったのにも関わらずリバウンドして逆に体重が増えてしまったことはありませんか?
意外と知らない方も多いですが、エステで「痩せやすい体質」を実現しなければダイエットで成功することは難しいのです。 施術内容を向上させることにもブライダルエステ前のカウンセリングというのは繋がり、その分満足度を得ることができます。
しかしカウンセリングと言いましても、難しいことを聞いてくることは無いのでリラックスをして受けるようにしましょう。



ブライダルエステの前にカウンセリングを受けるブログ:20180420

おれは息子の頃、音痴と言われ、
歌の恐怖症になった。

「蛍の光」「仰げば尊し」「君が代」に至るまで、
おれは歌ったことがない。
みんなの歌声に合わせて、くちをパクパクさせるだけだ。

コンプレックスはとうに通り過ぎ、
おれは歌うこと自体が恐ろしかった。

そんなおれに小学生の孫むすめが言う。
「おれ、おばあちゃんの歌、聞いた事がない」

胸がドキリとした。
おれは話を逸らそうとしたが、そうはいかない。

「あばあちゃん、何か歌って」と何度もせがむ。
どうしても、おれの歌を聞きたいらしい。

旦那もむすめも、おれが絶対に歌わないことを知っている。
だが孫のためなら何でもするおれ…
固唾を呑んで、成行きを見守っている。

…歌ってあげたいが歌えない。
切ない思いで「今日はごめんね、練習しておくから」と逃げた。

「ホントに練習しといてね」
孫むすめはくちをへの字にして、がっかりしていた。 

おれは、
これまでカラオケに誘われても行ったことがない。

ところが、
ある飲み会の後、強引に連れて行かれた。
くちにマイクを押し当てられるものの、声が出ない。
ただ、ひたすら聞くだけだ。面白く無い…
やっぱり来なければ良かった。

その時、ふと思った。
ここに居る、あの人も、この人も、
大して上手いとは思えないが平気で歌っている。

あの天真爛漫さ、勇気は何処から湧いて来るのだろうか。
羨ましい…おれもあんな風に歌ってみたい。

おれは本当に音痴なのだろうか。
息子の頃、どんな歌を歌って音痴と言われたのかは記憶にない…

ただ「音痴」と言われた言葉だけが、脳裏に焼き付いている。