キャビテーションはシェイプアップの歴史を根本的に変える


キャビテーションはシェイプアップの歴史を根本的に変えるブログ:20171106


(○・∀-)ノ【゚・*:.。. ☆コンチャ☆

一週間くらい前、友達からメールが入りました。
その内容は、
「モニターでこれがもらえるよっ。ミーも申し込んだけど、あなたもどう?」
というものでした。

はて?
なぜこんなメールが入ったんだろう?
…と思っていると、
ふと何日も前に、こんな会話をしていたことを思い出しました。

友達「最近、ネットでモニターやってるのよ」
ミー「へえ〜、いいわね。どう?」
友達「いいものや大物は倍率が高いけど、けっこういいわよ」
ミー「ミーもやってみたいわ〜」

それも会話と会話のつなぎのようなもので、
話していたことすら忘れてしまうほどの短時間でした。

でも、友達は覚えていてくれたんですね。
そして、わざわざメールをしてきてくれたのでした。

また別の日に、部屋の掃除をしていたときのことです。
後輩からの手紙が出てきました。

ちょっとでこぼこしていた封筒に何が入っているんだろう…
と思って中身を取り出してみると、ネックレスでした。

かつて、ミーが彼女がしているネックレスを褒めたことがあり、
そのときに、これ安いんですよ〜、今度買ってきましょうか〜、
なんて話をしていたら、そのあとに本当に買ってきてくれたのでした。

「いつも悩みを聞いてくれる先輩に、ささやかだけれどプレゼントです」
という手紙を添えて…

どちらにも共通することは、
「ミーの見ていないところで思っていてくれたこと」なんですね。

ミーは、知らなかったのです。
でも、ちゃんと、思っていてくれたんですよね。
心の大切なところに、ミーをしまっていてくれたのです。

さあご飯食べよ〜っと。
賃貸 調布はここ
http://taisei-2200.jp/

茨城 注文住宅
http://mo-house.com/

小平つかさの詳細
http://social.userlocal.jp/facebook/user/100003044939165.html

トリプトファン
http://www.suplinx.com/shop/e/etryptoph/

アレキサンダーアンドサンならクリック
https://www.expedia.co.jp/Alexander-And-Baldwin-Sugar-Museum-Hotels.0-l6152665-0.Travel-Guide-Filter-Hotels